日本観光ホスピタリティ教育学会 > 最新のお知らせ > 2016年度「第2回研究会」のお知らせ

2016年度「第2回研究会」のお知らせ

2016年度 第2回研究会についてご案内申し上げます。直前のご案内となり恐縮ですが、ご参加のほどお願い申し上げます。

 

1.日 時 2016年11月26日(土) 15:00~17:00

 

2.会 場 跡見学園女子大学 文京キャンパス 2号館2602教室

東京都文京区大塚1-5-2

http://www.atomi.ac.jp/univ/about/campus/bunkyo.html

 

3.内容

【第1部】15:00〜16:40

産官学連携の手法・・・いかに、スタートさせ、継続し、拡大させるか

~在日マレーシア政府観光局の事例~

スピーカー:徳永 誠 氏(マレーシア政府観光局 マーケティングマネージャー)

教員、学生が関与した具体的事例(フィールドワーク、インターンシップなど)を多

く掲げ、国内・海外の旅行業やホテルを絡めて、産官学連携をさらに拡大させるには

どのような方法があるか。特に、日本の「学」へ率直な提言を行う。

【第2部】16:40〜17:00

「クルーズ拠点化大学、もしくは、クルーズ専任教員制」の将来構想

スピーカー:田中 三郎 氏

(一般財団法人みなと総合研究財団首席研究員クルーズグループ統括リーダー)

政府は2020年500万人のクルーズ来日客を目標に掲げている。そこでは、クルーズ

観光のムーブメントを作り出す中核人材の育成を促進するオピニオンリーダーの存

在が不可欠であることから、本研究会を大学との連携を進めるきっかけとしたい。

 

4.参加申込 以下担当者にメールまたはFAXでお申込下さい。

その際、氏名・ご所属とe-mailアドレス(またはFAXか携帯電話番号)など確実な連絡先を明記してください。

  • 申込期限 2016年11月24日(木)17:00
  • 参加費 500円(資料代)を当日お支払願います。

 ※通常、研究会は会員のみを対象としておりますが、今回は会員以外の皆さまにも広くご参加いただけます。(要申し込み)

<お申込・お問合せ先> 古本 泰之(杏林大学)

e-mail:furumoto@ks.kyorin-u.ac.jp  FAX:0422-47-8077


機関誌 観光ホスピタリティ教育
News Letter ~学会報~
よくある質問

Copyright©‘2017’ JSTHE All Rights Reserved.