日本観光ホスピタリティ教育学会 > 全国大会に関するお知らせ > 【2017年度全国大会のご案内】第一報

【2017年度全国大会のご案内】第一報

今年度の全国大会は、2018年3月3日(土)と 3月 4日(日)の 2日間にわたり、埼玉県草加市の獨協大学にて実施いたします。テーマは「観光ホスピタリティ教育の拡がりと可能性(仮)」です。大会プログラムの概略と研究発表の申込方法、ワークショップテーマの申込手順についてご案内申し上げます。 一人でも多くの方にご参加いただけますようお願い申し上げます。なお、プログラム詳細や参加申込につきましては、1月中にお届けする予定です。

1.大会概要

(1) 開催日 2018年3月3日(土)・4日(日)

(2) 開催地 獨協大学

〒340-0042     埼玉県草加市学園町1-1

最寄駅:東武スカイツリーライン(日比谷線、半蔵門線直通)「獨協大学前〈草加松原〉」駅(徒歩5分)

メイン会場 創立50周年記念館(西棟)

(3)プログラム概要

[1日目3月3日(土)]

11:00~12:30 理事会

12:30 受付開始

13:00~14:40 研究論文・実践報告発表

14:50~15:50 基調講演「観光から社会を観る―ツーリズム・リテラシーの可能性」

獨協大学外国語学部教授 山口誠氏

16:00~17:50 パネルディスカッション

(パネリスト等人選中)

18:00~19:30 懇親会

[2日目3月4日(日)]

9:15〜 受付開始

9:30~12:00 ワークショップ

12:10~12:50 ワークショップ報告

12:50~12:55 閉会式

※ プログラムの内容・時間等は変更することがあります。

 

2.研究・教育実践発表の募集について

研究・教育実践論文および教育実践報告の発表者を募集します。いずれも、会員または会員を含む連名による 発表が条件です。希望される方は、学会ウェブサイトにある募集要項(全国大会様式 1)と執筆要領(全国大会 様式 2)、応募用紙(全国大会様式 3)をダウンロード、 ご覧のうえ、応募用紙に必要事項を記入し、電子メールで2018年1月12日(金)までに送付ください。

応募用紙を受け取り次第、大会論文執筆フォーマット をメールでお送りいたしますので、執筆要領にしたがって大会論文集用の原稿を作成し、2月8日(木)までに電子メールで提出していただきます。なお、発表査読は行いませんが、内容・様式に著しく問題がある場合は、発表を認めない場合があります。また、研究発表論文集 費用(5,000円)は大会当日にお支払いいただきます。

■ 発表応募締切  2018年1月12日(金)必着

■ 発表論文完成原稿締切 2018年2月5日(月)必着

<大会論文集担当> 発表のご応募やお問い合わせはこちらまで。

中村学園大学 浅岡柚美 電話:092-851-2531(内線540)

電子メール:taikai@jsthe.org ※電子メールが確実です。

 

3.ワークショップ

大会2日目には、十数名のグループで統一テーマに沿ったディスカッションを行う、ワークショップを企画しております。現時点ではワークショップテーマとして、「アクティブ・ラーニングの課題」「大規模講義の進め方」「外国語・異文化コミュニケーション教育と観光」の3つを予定しております。

 

4.大会参加費

参加費:正会員2,000円、準会員・大学院生・学部生1,000円、一般3,000円、懇親会費:正会員・一般4,000円、学生3,000円

なお、基調講演およびシンポジウムは会員外も含め、 どなたでも無料でご参加いただけます。

5.大会事務局

杏林大学 古本泰之

電話:0422-47-8000  FAX:0422-47-8077

電子メール:taikai@jsthe.org※電子メールが確実です。


機関誌 観光ホスピタリティ教育
News Letter ~学会報~
よくある質問

Copyright©‘2017’ JSTHE All Rights Reserved.