全国大会

実践的な議論が交わされる全国大会

日本観光ホスピタリティ教育学会の全国大会は年1回、3月に行われます。学会のテーマである「観光ホスピタリティ教育の現代的課題」をめぐって、講演、シンポジウム、ワークショップ、研究発表、教育実践報告などが行われています。会員間の交流を図る懇親会も開催されます。

講演は、観光ホスピタリティ教育において実績のある方から、最新の話題が提供されます(過去の講演)。また、シンポジウムでは、外部講師とともに会員も登壇し、示唆に富んだ議論がなされます。

さらに、ワークショップは当学会の特徴です。観光ホスピタリティ教育をめぐる実践的なテーマが設定されます。日ごろ抱えている問題も、このワークショップでの活発な情報交換を通じて解決できることでしょう。

全国大会の概要

主な内容 第1日目
講演,シンポジウム,研究発表・教育実践報告,懇親会
第2日目
ワークショップ
開催時期 原則として毎年3月上旬〜中旬の土日
開催会場 会員が所属する教育機関等
ワークショップのテーマ例 4年制大学・大学院における観光ホスピタリティ教育のあり方
高等学校における観光ホスピタリティ教育のあり方
観光ホスピタリティ教育におけるインターンシップのあり方
大学における観光ホスピタリティ教育技法とは
観光ホスピタリティ教育における産官学連携のあり方
観光ホスピタリティ教育における文化の多様性
観光ホスピタリティ教育における教授法のあり方
観光ホスピタリティ教育における演習(ゼミ)指導の活用
観光ホスピタリティ教育と初年次教育
学生参画による産官学(地域・企業)連携事業の現状と課題
観光学の魅力をいかに高校生に伝えるか
最新の全国大会情報

過去の全国大会履歴

 

全国大会のギャラリー

開会式
講演
シンポジウム
研究発表・教育実践報告
ワークショップ
懇親会

 


機関誌 観光ホスピタリティ教育
News Letter ~学会報~
よくある質問

Copyright©‘2017’ JSTHE All Rights Reserved.